ガーデニングで食費を抑える節約方法【再生野菜編】

食費を抑えるための工夫

毎日の食事というのは可能な限り費用を抑えたいものです。
日々の節約の中でも食事というのは形に残らないものですから賢く節約しておきたいと思う項目です。

少しでも安い食材を購入して調理をするというのが節約として最も多く行われる方法ですが、これは食べるメニューが偏ってしまうことも多く続ける中で苦痛となってしまうことも少なくありません。
そこで注目したい新しい節約方法が再生野菜です。

再生野菜とは

私たちの日々の食事の中で、どうしても調理の際に捨ててしまう部分というのがあります。
その中でも再生できるという部分があるのです。
これが再生野菜です。

三つ葉やネギの根っこの部分というのは食べることができません。
しかし、その部分を利用してさらに野菜を再生させて食べることができるのです。

再生野菜はすごいパワーを持っている

野菜の根っこというのは、食べることができないために多くの人が捨ててしまいます。
しかし、根の部分にはたくさんのパワーが含まれており、さらに再生をさせる能力も持っています。
そのため、捨てるはずの部分を水につけておくとどんどんと再生をして王一度野菜として食べられる状態まで戻すことができるのです。

もちろん栽培する方法が簡単なのも魅力です。
ただ根っこの部分を捨てることなく水に浸したりプランターに植えたりするだけで、すぐに新しい葉が出てきて再生していきます。
水耕栽培であれば、容器に水を入れて浸しておくだけで栽培ができるので元手もかからずなおかつ簡単に栽培をすることができますし、観葉植物として楽しむこともできますので、ぜひ日常に取り入れてみましょう。

再生野菜のメリット

再生野菜として食べることができるネギや三つ葉、豆苗といったものは食事の彩りとなってくれる大事な要素です。
しかし、日常の中で節約をするとなるとどうしても購入するのをためらってしまう食材でもあります。
そこで、一度購入して再生させることによって二度楽しむことができれば購入費用を抑えることができ、なおかつ見た目に綺麗な食事を楽しむことができます。

また、このような薬味となる野菜というのは栄養も豊富に含んでいます。
そのため手元で栽培をして調理に利用することで食事の栄養価を高めるという効果も得られるのです。

子供のいる家庭であれば、野菜を自宅で育てて食べることによって食育の機会を設けることにもつながります。
子供自身も自分で水を替えたり葉っぱを摘んだりという経験をすることで苦手な野菜も食べようと思えるきっかけとなりますし、野菜が育つまでの過程を見ることによって農家や生産者への感謝の気持ち、大切に食べようと思う気持ちを育てることもできるのです。